読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年Mコース終了組です

浜学園での中学受験を振り返ります。

理科の勉強

浜学園では小学校4年生から理科が始まります。

授業で習った内容の問題を、宿題として家で解きます。

宿題は、最後の間違い直しが終わるまで私が丸つけしていました。

どうしてもわからない問題は解説を見せてそれでも理解できなければ、4年生のうちは「またいつか同じような問題するかな」と、それほど深追いはしませんでしたが、これを暗記してないから解けないんだなぁ…と思ったところは、テキストのコピーをしてトイレに貼ったりしました。

公開テスト1週間前になると寝る前の20~30分間、毎日1単元ずつ、サイエンスから問題を出していました。

前回が植物だったから今回は動物かな?

そろそろ夏の大三角形かな?

と予想したり、見直しが1週間で合計7単元できるので、その中からひとつも出題されないということはなく点数はそこそこ取れました。

 

6年生になると、5年生までの内容に戻る時間はありません。

5年生以降、履修単元は(特に暗記)、習ったその時に理解し覚えておくようにしました。

 

理科の分厚い参考書を何冊か持って帰りましたが、ほぼ使いませんでした。小学校の自由研究で調べたり、マリオが暇つぶしに読むくらいで…新品のままのものも( ̄0 ̄;