読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年Mコース終了組です

浜学園での中学受験を振り返ります。

夏の事件簿

浜学園に通っていた長男マリオ。

小6の夏休みはパンパンのスケジュールで、毎日、起きてから寝るまでの学習予定が決まっていました。

 

夫が休みでマリオの塾がないある日、

夫に1日分のスケジュールを説明して、私は仕事に出ました。

夕方に帰ると、勉強を少しだけやって午後は2人でずっとテレビを見ていました。

そして夫の第一声が、

夕ごはん、なに?

、、、(ーー;)

いや、夕ごはんじゃなくて…

こんなにやること残して…6時間分くらいあるけど…

マリオの明日は30時間あるんか!

と、お説教です。

(すでに完全にキレていたのですが)

時間がもったいないので、とりあえず夕食を作りながら、

終わっている学習の分だけ採点。

夕食後、マリオに勉強をさせている間に、残りの家事。

採点と直しが終わってマリオを寝かせてから、

持ち帰っていた自分の仕事をやろうとしたら…

 

夫が、

お腹空いたから、なんか夜食してよ。

 

、、、もう、許さん( ̄□ ̄;)!!

2週間くらい喋りませんでした。

 

一事が万事、この調子で自分のペースを変えない夫。

受験だけではなく、病気や介護、育児、失業など…

家族が協力して助け合わないといけないケースはたくさんあります。

これから先、この人と一緒に乗り越えていけるだろうか。

受験が終わったら家出しようと考えたりもしましたが、

でも、がんばったマリオにその結末はかわいそう過ぎる…。

 

あれから1年経って、今ならわかります。

受験が終われば全て元通りになると。

(あの頃は私の導火線、いつもの半分くらいになっていたかも~)

 

受験が終われば元通り、です。