読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年Mコース終了組です

浜学園での中学受験を振り返ります。

入試結果

浜学園に通っていた長男マリオ。

中学受験に関する記事は、今日で最後になります。

 

6年生の合否テスト4回とも「A判定」、

秋以降の冠模試も全て合格、

だったマリオが満を持して?挑んだ中学入試は

 

数校の合格と、1校の不合格

で終わりました。

 

不合格だった学校は、

マリオに行って欲しいなぁ…

と、私が思っていた学校でした。

しかし何度かやった過去問の得点を考えると、模試でA判定は出ていても、ひょっとしたらダメかもなぁ…と感じていたところもあり、

A判定は出てるけど最後まで気を抜かないでね。

と、いつもマリオに話していました。

 

不合格を知ったマリオは、

がっかりするというより驚いた様子で(たぶん合格すると思っていた)、

お母さんがA中学へ行って欲しかっただけで、

俺はB中学がよかってん。

と言いました。

 

私を気遣ってなのか、

私への反発なのか、

単純にマリオの本音なのか、

真意はわかりません。

いま思えば、B中学の合格を聞いた時がいちばん喜んでた気が…

ま、まさか!?( ̄▽ ̄;)

 

親がしんみりとしてしまうと子供にも伝わってしまうので、

我が家にそういう空気はありません。

いつまでも後悔を引きずったり、何かのせいにしないと終われないような中学受験なら最初からしない方がマシです。

(うん、昔からフラれた恋人のことはさっさと忘れるタイプだった。)

 

努力が足りなかったから落ちたとか、

不合格だから負けとかではなく、

やったことの結果が出たというだけです。

中学受験は通過点でしかありません。

(実際、中学に入るとすぐに次のレースが始まります。)

 

やっと終わったね~。

最後までよくがんばった!

と、何度もマリオに言いました。

 

 

マリオ(母)の駄ブログ、

最後まで読んで下さった皆さま、ありがとうございました。

これからは、中学受験が終わってからの生活や中学校のことなどを中心に綴っていきたいと思います!

 

受験生を持つ全てのご家庭に、

たくさんの笑顔の花が咲きますように(*^-^*)