読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年Mコース終了組です

浜学園での中学受験を振り返ります。

中学受験、失敗したこと

浜学園に通っていた長男マリオ。

 

中学受験で後悔していることがひとつだけあります。

それは、「親が志望校を決めた」ことです。

親が、子供にこんな校風の中で育って欲しいと考えるのは自然なことでしょう。そして親が選んだ子供にピッタリの環境で6年間すくすくと成長してくれたら、こんなに素晴らしいことはありません。

 

実際に子供が入学してから、疑問が出てきました。

子供にピッタリの環境って、あるの?

ということです。

親から見て、

この子は言われないとやらないタイプだから。

と、細かく指導してくれる学校に入ったとします。

しかし子供自身、管理されることを苦痛に感じるタイプだったら、それはミスマッチになります。

 

また、校風の話ではありませんが、

マリオは小学校の時、

グループ発表では自分から代表に手を挙げたり、休み時間は校庭でサッカーをしたりしてどちらかというとお友達と活発に過ごすことが多かったのですが、中学に入った途端、控え目でインドア派に。

環境の変化に戸惑っているのかも…と、注意しながら様子をみていたのですが、

小学校の時、あれは俺の仮の姿やった。

本当の自分は今の自分やから。

と、まさかのカミングアウト(・・;)

性格が180度、変わってしまうということもあるんだということを考えると、ピッタリの環境を見つけることはとても難しいし、親がそんなにこだわるところではないのかもしれないと思いました。

自分が置かれている環境で、どんな未来を切り開いていけるかということの方が、重要なわけで。

中学受験をする前に、そこに気づくことができていたら、親が志望校を決めることもなかったし、そこに合格できなくて子供を傷つけてしまうこともなかったのかなぁと。

マリオ自身は最難関ならどこの中学でもいいと話していて、そこに入る成績をがんばってキープしていたので、

良い学校に合格できたね。おめでとう!

という成功体験をさせてあげるべきだったと、後悔しています。

 

中学校に入ってから、

(学校では控え目なようですが)家ではよく話すようになりました。授業がとても面白いらしく、先生のモノマネをよく披露してくれます。

そういえば…

4年生の頃は、共学に行きたい!と話していたマリオですが、入学してすぐ私に言いました。

今の中学に入学してよかったわ!

男子校やからさ、回りが変態だらけで俺のキャラが薄まるねん!

 

少し複雑ですが…(笑)

すくすくと成長してくれているようです(* ̄∇ ̄*)

 

 

 

中学受験、やってよかった!?

浜学園に通っていた長男マリオ。

 

去年の今頃は、進学先が無事に決まり家族でのんびり毎朝を過ごしていました。

 

本格的に取り組んだのは小6の1年間だけですが、

4年間の塾生活は本当に長かったです。

で、私の感想としては、

断然、「やってよかった!」です。

 

中学受験が終わった時、

私はマリオのことをそれまでよりももっと好きになりました。

塾で良い成績をとったからとか良い学校に合格したからということでは、決してありません。

理由は上手く言えないのですが、

本当は他にもっとやりたいことがあっただろうに、

我慢して親の提案を受け入れてくれたことかなぁと思います。

 

受験が終わってしばらくしてから、

こんなに勉強ばかりでイヤだと思わなかったん?

とマリオに聞きました。

生きるためには、やるしかなかった。

と返され、、、壮絶な人生やな(^o^;)

 

そのかわり親の私も、本気です。

彼の成長に必要な、年齢に応じた課題を与えたつもりです。

夢や目標を持つこと。

そして、そこに近づくために

常に考えること、工夫ができること、約束を守ること。

そして、中学受験を通じていちばん伝えたかったことは、

最後までやり抜くこと。

 

マリオはちゃんと答えてくれました。

最後まで、応援させてくれました。

望んだ結果が出て「ありがとう」

は当たり前のことなのですが、

望んだ結果が出なくても「ありがとう」

と言えるような、とても貴重な経験でした。

 

これから大学受験に向けて、

同じように親が関わることを彼が受け入れてくれるかどうかは分かりませんが、必要とされた時にはアドバイスできるように、まだまだ私も情報収集をしておかないといけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中1 二者懇談

先日、息子の二者懇談に行ってきました。

入学して1回目の懇談は必須でしたが、今回は2回目ということで希望者のみの対応です。

 

学校生活にも慣れてきたみたいだし…

学習面で困ったこともないし…

特に話すこともないし…

申し込み面倒くさいし…

と思ったのですが、

こんな時は「とりあえず動く」という選択を取ってしまう私で、結局はいそいそと出かけていきました(  ̄▽ ̄)

 

お友達とのことや生活面についてお話をして、、、

良くも悪くも目立つ存在ではないようです(笑)。

 

そして、やはり本題は、お勉強のことです(*´∇`*)

前回の懇談で息子が目指している大学と学部を伝えたところ、

「そこなら学年で上位25%の成績だと、余裕を持って受験できます。」

と教えていただきました。

息子にもそのことを話して、そのラインを目標に日々の学習に取り組んできたのですが、ほとんどがギリギリで滑り込むような状態で、進学校の成績上位層の壁は本当に厚いです(^_^;

 

もともと頭が良いんだわ~

塾とか家庭教師とかで頑張ってるんかな~

と言い訳しそうになるのですが、そんなことをすると、そのうち今の成績も維持できなくなるのでヤメておきます。

成績がいい子は、やはり人よりもたくさんの努力をしています。

  

全てがそうとは限りませんが、

うまくいってる人の真似をすることが成功への近道

だと考えている私は、担任の先生に聞きました。

「皆さん、家庭でどのような学習をされているんでしょうか。」

なるほどと思えるお答えでした。

「どの時間であっても、何かひとつでも多く得ることはないかと集中して授業を聞いているところが、彼ら(成績上位層)の共通点です。」

もともとの出来でも塾や家庭教師でもないんです。

学習に対する姿勢、なんですよね。

まだ幼さが残る息子には期待できない部分なので(笑)、

とりあえずはハード面での対策を…(^_^;

「“直しノート”を作って下さい。テストの間違い直しをする時が、学力伸長の最大のチャンスです。」

 

直しノート、、、

中学受験のとき、浜学園で散々やってたアレですよね。

定期テストが終了したら各教科の直しノートを作って、長期休みで弱点を克服するというサイクルができるまで、しばらく息子に付き合うことにしよう。

できていないところの穴を埋めるためには、

結局は地道に間違い直しを繰り返すしかないということですね…。

 

前回の懇談でも感じたのですが、

息子の担任の先生は、

私がやり過ぎてると思える部分はそれとなく注意して、

反対に足りていないところにはアドバイスをして下さり、

とても丁寧にお話して下さいます。

先生とお話ができて良かったです。

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面接

先週、仕事の面接に行きました!

 

内閣府の「パラレルキャリア」のすすめ

とかいうので、今は副業OKの企業が増えているそうですね。

雇う側にとっても働く側にとってもリスクヘッジになり、

副業の人脈を本業で生かしたりして仕事の幅が広がることや、

私生活においても好循環が生まれるということで、

推奨されているようです。

 

昔は考えられなかったようなことでも、

今はなんでもすぐブームになるんですね。

早速、その流れに乗ろうとしてます笑。

今さら新しいことを覚えるのは、正直、億劫なところもありますが(^_^;

とにかくやってみないことには、楽しさも苦労もわからないですし。

 

面接の2日後に、採用の連絡をいただきました。

フレッシュな気持ちで始めたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

新年会

先日、新年会がありました♪

一緒に格闘技を習っているメンバーで、レッスン場の外で集まるのは初めてです。

 

私が座ったのは、女性6人のテーブル。

皆さん、見た目も性格も職業もバラバラで…

最年長、介護職のYさん

(趣味は、ボルダリングサバゲー。超アクティブ!)

広告代理店勤務のTさん

(イマドキ女子。やはり仕事は激務だそうです。)

薬剤師のMさん

(理想のタイプは、自分より強い人。)

某国立女子大に通うSさん

(どこから見てもお嬢様。でも格闘技レベルは、いちばん上。)

幼稚園教諭のKさん

(息子のお嫁さんになって欲しいタイプ笑。)

バラエティーに富んだ会話がとても刺激的でした(*^^*)

 

この中で既婚者は私だけ。

バラバラに見えた5人ですが、

共通点は、「肉食女子」だったみたいですね。

格闘技の月謝に、婚活費用も入ってますから!

と、会が始まると早々にお酌に回ってました~笑。

男性陣は、

やはり自衛隊と警察関係者が多いです。

良い出会いがあるといいね\(^o^)/

 

私はテーブルに残って、普段レッスンで仲良くしてる女の子の話を聞いていました。

お付き合いしている彼の行動に悩んでいるのだとか。

女子校育ちで見合い結婚の私に恋の相談をするなんて…

その時点で見る目がない気もしますが(^_^;

 

彼女の中で答えは出てるみたいで後は決めるだけなんだけど、なかなか行動に移せないようでした。

「愛情」と「執着」って、似てるのかもしれない(*´∇`*)

 

若い世代に混じって、あれこれ楽しんだつもりでしたが…

帰ってからどっと疲れが(^_^;

こんな夜は、もうしばらくはいいかなぁ笑。

 

 

 

 

もうすぐ今年も終わりです

今日は、大晦日。

大掃除とお正月の準備が終わってから、

息子といつものトレーニング。

 

殴り納めです(* ̄∇ ̄)ノ

夫はガキ使を見ながら飲み過ぎて酔っ払い、相手になりませ~ん。

いつも息子が一緒に練習に付き合ってくれます。

 

今年は、

夫の仕事が急に忙しくなったり、

私が格闘技を始めたり、

息子の中学校での新生活が始まったりで、

何かとバタバタした1年でした。

(特に…金策に走り回っていました汗)

 

色々ありましたが、家族全員が無事に過ごせたことに感謝です!

来年もよろしくお願いいたします。

もうひとつの合格

先日、合格通知が届きました。

格闘技のレッスンを受け始めて半年、初めてのレベルアップテストです。

 

テストが終わった時点で意識があったら合格やから~。

とりあえずドリンクは4L、用意しときや!

 

と、先輩方にさんざん脅かされ(^_^;

不安な気持ちで挑戦したのですが…

試験が始まると、もうやるしかない。

 

約4時間、初めて味わった別世界。

試験では、

技や防御のカタチを覚えるのは当たり前なのですが、

限界を越えて自分の殻を破る目的もあるのだとか。

無事に生きて帰れました~( ̄▽ ̄;)

 次のレベルアップテストは、1年後ぐらいに挑戦できるかなぁ♪

 

 

今日は家に帰ると、

息子が、習い事をサボって1日中ゲーム(-_-;)

本人が、「やりたい!」と言うから、高~い月謝も無理して払ってるんですけどね。

 

習い事、行かなかったの?

今日は気分が乗らなかった。

と、最近は親の言うことをあまり聞かなくなってきました。

 

たぶん反抗期やし、理詰めで説明しても無駄なんでしょうけどね…。

でも、あんまり生意気なことばかり言うたら、

サンドバッグにしたるねん~(* ̄∇ ̄)ノ