読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年Mコース終了組です

浜学園での中学受験を振り返ります。

あなたは大切な人

先週、会社でメンタルヘルス研修がありました。

職場環境を良くすることで生産性をあげる

心の病で失業に追い込まれる人を出さない

という主旨で、毎年この時期に行われます。

 

私…たまに職場で、

ヒィ~、鬼!!

と言われます(°Д°)

面と向かって言われているうちはまだ親しみが込められていると思っているのですが(←大きな勘違い)、やっぱり鬼もそれなりに悩みます笑。

その人が100回やってもできないようなことを要求しているわけでないので…やってみる前から、

「できません。」

と言われると非常に困るのですが。

(業務に関しての物理的な問題点をクリアした前提で)

どこまで踏み込んでいいのかわからなかったので、その距離感について研修で相談しました。

 

講師の方は、

「あなたのことを大切に思っているという気持ちが伝わっていれれば、大丈夫です。」

と仰いました。

 

気持ち…か。

 

私は、同じ課の人の様子がいつもと違うなと思った時や、誰かの気になる噂話を聞いたら必ず本人に声をかけます。

ちゃんと寝てる?とか、

◯◯さんとモメてるって聞いたけど?など。

今までは課の雰囲気を良くするために業務の一環としてやっているところがあったと気付き、反省しました。

これが距離感の一番の原因だったのかも。

 

親子関係も同じなのかもしれませんね。

親としての考えを押し付ける前に、

「あなたのことを大切に思っている。」

と思って接すると、親の気持ちは子供に伝わるのでしょう。

 

(まずは気持ちを込めないと!)

 

ん~、気持ちを込めて仕事の指示を出すって…難しいなぁ(^_^;

まだまだ修行が足りません(>_<)